タイナビ 太陽光発電 施工 比較

今、太陽光発電の導入をお考えのあなたに

太陽光発電


1.導入費用はいくらか

2.導入すれば電気代がどのくらい削減できるのか

3.何年で元が取れるか


2011年8月に再生可能エネルギー買い取り法案成立し、発電した電力で自家使用して、余った余剰電力を電力会社へ高単価で売ることができるようになったことと

国の補助金制度が再開したことで普及が進んだ太陽光発電ですが

実際にご自宅に設置した場合などに、果たしてどれだけのメリットがあるのかは

このような疑問を解決して、初めて導入に踏み切ることができるのではないかと思います。

あなたのお住まいの地域環境、設置のしやすさ、
その他さまざまな要因があるこれらの項目に対して正確に把握するためには

専門業者の見積もりを取ることが近道です



秘密保持契約を結び、厳しい審査基準をクリアした優良企業のみを厳選したタイナビは
簡単に、しかも無料で見積もりのみを依頼できます。



↓こちらをクリックし、気軽にご登録ください↓



コストは確実に下がってきています。

国の補助金制度の始まりと、再生可能エネルギー買い取り制度(FIT)導入に伴って多くの業者が太陽光発電関連に参入しました。

それらの業者間の価格競争によりコストは急激に下がりましたが
建設会社、製造メーカー、大手、ベンンチャー玉石混交の中でしばしばトラブルも多くみられるようになりました。

規制も加わり、悪徳業者は淘汰されましたが
価格の暴落により製造メーカーも淘汰の波にさらされ、一時は太陽光を導入した消費者自身も混乱に巻き込まれました。

そうした経緯をたどり、今再び太陽光発電に注目が集まっています。

原発問題の長期化と円高による燃料価格の上昇に伴い
各電力会社が相次ぐ電気料金の値上げを行っていることも原因の一つですが

業者間の淘汰も一段落し、成熟した市場に安心感が出てきたということも言えるでしょう


導入コストは最近、急速に下がってきています。例えば、神奈川ソーラーバンクシステム(SBS)が提案するプランの中の最安値のものは、工事費込みでkW当たり36万円とあり
また、一部では30万円を切る案件も出始めていて、これは2年前の半値以下です。

信頼できる会社から安い価格で導入するために

1.補助金制度申請代行を行ってくれる業者
タイナビより見積りをされますと、各企業より補助金申請の代行サポートを
受ける事ができ、太陽光発電導入がスムーズに進みます。

2.アフターフォローを約束できる業者
タイナビに登録しているのは、厳しい審査基準をクリアした優良企業のみです(総施工実績85200件)
メンテナンスが大事な太陽光発電は、耐久年数に関わらずしっかりとしたアフターフォローをしてもらえるこれらの企業に厳選してご紹介します。


↓まずはこちらから手軽な見積もり依頼をどうぞ↓




フルアクレフ

 

サイトマップ

体力に自信あります